花の専門学校でインテリアと植物の両方の知識を身につけよう

勉強

幸せを作る仕事

ウェディング

ウェディングプランナーを目指すには

結婚式は、一般に人生において最も大切なイベントと捉えられています。 それだけに、カップルは最高の式であることを願い、またできるだけ自分の願い通りに行いたいと考えているとされているのです。 こうした願いの詰まった式をサポートするのが、ウェディングプランナーです。ウェディングプランナーは、カップルの願いを聞きながら、それに対して最善の提案を行い、カップル・招待客とも最高の式になるようプロデュースしていく職業です。 この一見華やかな職業ですが、大切な結婚式を預かる重要な仕事だけに打ち合わせと同時にプランのPRなどを行うなど、細かい作業や営業能力が必要とされています。 ウェディングプランナーになるために必要な公的な資格等は特に無く、以前は式場やホテルの営業が行っていましたが、現在はウェディング関係の専門学校を卒業した人がこの職に就くことが多く、職業として確立しています。 そのため、女性のあこがれの仕事として人気が高まっているのです。

専門学校で学ぶことと選び方

ウェディング専門学校は、ここ最近その数を増やしています。 これはプランナー等のウェディング関係の職に就くためというのはもちろんのこと、一般のマナーやカラーコーディネイト、フラワーコーディネートなど幅広く学べることから、こうした知識を得るために入学する方も少なくないようです。 専門学校では、こうした座学の他、プランナーが行う営業活動やプランの提案、式の準備など実際の仕事を実習で学習します。 なお、ウェディング専門学校は多くが全日制で1年もしくは2年間学び、卒業までにブライダル検定の資格を取得を目指します。 ブライダル検定はプランナーに必須の資格ではないのですが、必要な知識や技術を習得した証になるため、就職の際に有利とされているのです。 また、社会人など仕事を持つ人のために、夜間コースや短期の養成スクールを開講しているところもあり、自分の条件に合った専門学校を選びやすくなっています。